【話題】高速1000円になっても・・

軽自動車ニュース&ブログ



全国の高速道路で早ければ3月下旬にも、過去最大規模の料金値下げが始まる。政府の経済対策の一環で、週末の地方高速道は上限1千円で乗り放題になるのが売り。だが、値下げ幅は時間帯によって複雑なうえ、「連休中の渋滞が心配」「ほかの交通機関の利用者が流れるだけ」という冷めた見方もある。(松川敦志)

 同じルートを通っても高速料金は一律ではない。ここ数年、

道路公団民営化の成果をわかりやすく国民に示す手段として深夜や通勤時間帯などにさまざまな割引を導入してきたからだ。

 例えば、東京・品川から首都高と東北道を乗り継いで仙台へ出かけるとする。現在は6通り、それが新料金体系では17通りになる。最高7230円、最安は2千円で3倍以上の開きがある。事前によく計画を練らないとたいして得にならないが、「複雑すぎてマニュアルが手放せない」(東日本高速・八木重二郎会長)。当事者ですらこう嘆く状態で、各社は問い合わせにどう答えるか頭を悩ませている。

 最大の売りは「休日はどこまで行っても最高千円」(昨年10月30日の会見で麻生首相)。しかし、「千円ぽっきり」の恩恵にあずかれるのは、これまでの割引と同様、自動料金収受システム(ETC)を搭載した車だけだ。

 東京・品川―仙台の例だと、最も安いのは首都高の500円と東北道の東京近郊500円、地方部1千円を足した2千円。ETCがなければ曜日や時間帯にかかわらず7900円。4倍近い差に、国会審議では野党から「不公平ではないか」と批判が出た。

 国土交通省は「料金収受を効率的に進めるためにはETCに限定した方がいい。搭載率は7割に達している」と理解を求めた。しかし、この搭載率は、高速道路通行車両に限った数字。全自動車でみると27%に落ちる。



全て

無料

ってのは無理だろーか・・・ →ranking

車買取比較.com


全国の新車ディーラーからオンラインで見積りが取れる。もちろん無料!


30万台以上の在庫から簡単検索 欲しいクルマがきっと見つかる


全国で探さないと、掘り出し中古車は見つかりません!


保険の窓口 インズウェブで自動車保険の見積り!
関連記事
スポンサーサイト




もし参考になったらシェアしてくれると嬉しいです!SNS




当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)
ツイッター、でも、更新履歴を流してます。


 Tags                軽自動車     高速道路     1000円     千円
[ 2009/03/06 20:00 ] 最新ニュース | TB(0) | CM(0) [編集]

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://keijidousya.com/tb.php/884-585cfae7



軽自動車ニュース&ブログ