【4WD】スズキ・ワゴンRの4WDに最新技術搭載

軽自動車ニュース&ブログ



ワゴンR

スズキの新型ワゴンRの四輪駆動車(AWD)は、GKNドライブラインのビスカスカップリングを搭載しています。
ビスカスカップリングは高価な電子制御などを必要とせず、オンデマンドAWD性能とトラクション性能を向上させる軽量コンパクトなユニットです。
更に、メンテナンスフリーで、

駆動系の不快なノイズや振動を緩和します。
このユニットは、シリコンオイルの中にフリクションプレートが配置されています。
駆動輪(前輪)がスリップし、プレート間に回転差が生じると、剪断抵抗により一方のプレートからもう一方のプレートにトルクが伝達され、後輪を駆動します。

GKNドライブラインのコマーシャル&エンジニアリング ディレクターであるグレアム・ウォルフォードは、次のように話しました。
『ビスカスカップリングは、GKN ドライブライン トルクビジネスの重要な基盤です。 これらは、私たちのトルクマネージメント製品群の重要な製品として、特に日本の「軽自動車」の 最適な選択肢として提案していきます。』


GKN
http://www.gkndriveline.com/drivelinecms/opencms/ja/news/news/article_0029.html


そぉなんだ~

知らなかった...→ranking

全国の新車ディーラーからオンラインで見積りが取れる。もちろん無料!

関連記事
スポンサーサイト




もし参考になったらシェアしてくれると嬉しいです!SNS




当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)
ツイッター、でも、更新履歴を流してます。


 Tags                軽自動車     新車     スズキ     4WD     四駆     ビスカスカップリング     メンテナンスフリー
[ 2009/02/21 06:00 ] 最新ニュース | TB(0) | CM(0) [編集]

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://keijidousya.com/tb.php/864-9228a369



軽自動車ニュース&ブログ