【スズキ】黒字確保は偶然byおさむ会長

軽自動車ニュース&ブログ



osamu.gif

スズキの鈴木修会長兼社長は5日の2009年3月期の第3四半期決算発表の席上、自動車各社が苦しんでいる製品の過剰在庫について「たまたま2007年あたりから在庫を減らすよう取り組んできた」と述べ、「過剰にはならない」との見通しを示した。

鈴木会長によると、

4輪車を主体とする在庫は08年末で1年前の同時点より金額ベースでおおむね600億円圧縮されているという。今年3月までには前年同期比で1000億円程度の減少になるとの予測も示した。

スズキは今期中に、当初計画に比べ国内外で約15万台の4輪車生産を減産する。これは主に需要の急激な縮小に対処するものとなる。

鈴木会長は同社の09年3月期業績が大幅な減益となるものの、黒字を確保することについて「大手の出ないインドで早くから事業を展開したことや、国内も軽自動車が主体だから」とし、今期の黒字確保は「偶然」と評価した。

しかし、早期に在庫の積み上がりに着目するなど、業界最年長トップの実力も垣間見える。


カービュー
http://www.carview.co.jp/news/2/102702/

関連記事
スポンサーサイト




もし参考になったらシェアしてくれると嬉しいです!SNS




当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)
ツイッター、でも、更新履歴を流してます。


 Tags                軽自動車     新車     スズキ     鈴木修     会長     減産     黒字
[ 2009/02/20 06:00 ] 最新ニュース | TB(0) | CM(0) [編集]

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://keijidousya.com/tb.php/861-8db5bf45



軽自動車ニュース&ブログ