【新型】NEW ライフはこんな感じ(^-^)

軽自動車ニュース&ブログ



ホンダ ライフ H20 JC1 JC2

ホンダ、「ライフ」を全面改良。94.5万~168万円。月販計画1万3000台

室内高をこれまでより3cm、前席と後席の距離を8.5cm伸ばし、大人4人でもゆったりと座れる。リアシート下のフロアを低床設計とした事に加え、サイズを拡大し、厚みも25mm増したリアシートクッションなどで、後席の快適性を向上。大きなウインドウや細いピラー、大きなテールゲートウインドウ、リアクォーターウインドウの設定、後席のシートバック形状の工夫、埋め込み式ヘッドレストの採用などによる全方位360度良好な視界、軽自動車初の

バックモニター(4.3インチ液晶)付オーディオなど、より運転のしやすさを向上させた。

先代で導入した駐車支援システム「スマートパーキングアシストシステム」は、前進時だけでなく後退時にまでステアリング操作を自動化した。乗員の着座位置、衝突形態に幅広く対応する世界初の運転席用i-SRSエアバッグシステム<連続容量変化タイプ>を搭載。新開発プラットフォームの採用で、高張力鋼板に頼らず、約40kg軽量化した。

3つのバリエーションを設定。シンプル・モダンで実用的な「Gタイプ」、専用フロントバンパーやエアロパーツなどでスポーティさを演出した「DIVA」に加え、上品・上質でおしゃれな「PASTEL」を新たに追加。PASTELはエレガントさを強調し、愛着のわく表情豊かな印象を与えるグリルデザインを採用。
グリルまわりにクロームメッキを採用し、艶やかな煌めき感を表現した。
全車4速AT。10・15モード燃費21.0~17.8km/L。「エコランプ」を装備する。

軽自動車は日本の自動車市場の中でも非常に重要で本格的に力を入れていかなくてはならない。新型ライフは戦略車種と位置づけている」、「乗る人を第一に考えて運転しやすく使いやすい、人々の生活に役立つ車を目指した」と福井社長。八千代工業の四日市製作所で生産する。


ホンダ プレスリリース
http://www.honda.co.jp/news/2008/4081106-life.html

関連記事
スポンサーサイト




もし参考になったらシェアしてくれると嬉しいです!SNS




当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)
ツイッター、でも、更新履歴を流してます。


 Tags                軽自動車     ホンダ     ライフ     新型
[ 2008/11/21 12:00 ] 新型モデル | TB(0) | CM(0) [編集]

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://keijidousya.com/tb.php/674-c80d8718



軽自動車ニュース&ブログ