【ダイハツ】社長「軽自動車は需要が読みづらい」

軽自動車ニュース&ブログ



コンテ

ダイハツ工業の2008年度中間期(2008年4月~9月)決算は売上高,営業利益,純利益の全てで過去最高を更新した。売上高は前年同期比7.6%増の8808億4000万円,営業利益は同11.3%増の279億1000万円,純利益は同35.6%増の171億3800万円である。自動車の販売台数が国内,海外ともに伸びた。

 国内向け軽自動車の販売台数は前年同期比7.5%増の28万2870台となった。「タント」「ミラ」の好調に加えて,8月に投入した「ムーヴコンテ」が順調な滑り出しで業績に寄与したという。国内軽自動車市場のシェアは,

ダイハツの推定では33.4%で,首位を維持したとする。海外向けもインドネシア市場で販売台数を前年同期の1.5倍に拡大するなど好調で,海外向けダイハツ車の販売台数は前年同期比9.1%増の19万5876台となった。

 受託エンジンも前年同期比11.7%増の20万6354基を販売した。ただし,大型ディーゼル・エンジンの販売比率が減り,小型品が増えたため,利益は落ち込んでいるという。


http://techon.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20081104/160696/
関連記事
スポンサーサイト




もし参考になったらシェアしてくれると嬉しいです!SNS




当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)
ツイッター、でも、更新履歴を流してます。


 Tags                軽自動車     ダイハツ     社長
[ 2008/11/11 12:00 ] 最新ニュース | TB(0) | CM(0) [編集]

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://keijidousya.com/tb.php/650-ba49b0ea



軽自動車ニュース&ブログ