【予測】ピーク時の4割減ってヒドくない!?

軽自動車ニュース&ブログ



人口減や若者の車離れ、ガソリン高などを背景に、2020年度の新車販売は
ピークの1990年度と比べると39%減の475.9万台とする予測を発表。内訳は
登録車が2007年比15%減の291.2万台、軽自動車は

2.4%減の184.7万台。

都道府県別では、人口増が続く沖縄県が2005年度比で微増する以外は軒並み
減少。景気低迷や高齢化に悩む秋田県、高知県で30%以上の減少を見込む。


自動車販売協会連合会
http://www.jada.or.jp/


4割って・・・

ほぼ半分って・・・orz


たしか、働き始めた頃が平成不況まっただ中で

「昔はよかった」みたいな話を山ほど聞いて・・

でも、ここ2~3年くらい前から、

景気はゆるやかに上昇ってのがあって、

これから末端の自分にも恩恵が・・!?

なーんて思ってたのにぃ

こんな状況なんてorz

次の総理大臣さーん!

このブログを見ることはないと思いますが!

たのんます(本気で)

高額査定が続々と!!愛車無料査定中!今なら軽自動車&コンパクト(1500ccまで)はびっくりする値段がつきますよ~
関連記事
スポンサーサイト




もし参考になったらシェアしてくれると嬉しいです!SNS




当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)
ツイッター、でも、更新履歴を流してます。


 Tags                軽自動車     新車     販売台数     予測
[ 2008/09/13 19:36 ] 最新ニュース | TB(0) | CM(0) [編集]

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://keijidousya.com/tb.php/520-0d4d2aa2



軽自動車ニュース&ブログ