【ダイハツ】タントにウェルキャブシリーズ登場

軽自動車ニュース&ブログ



タント ウェルキャブ

 ダイハツは、福祉車両『フレンドシップシリーズ』に、軽乗用車『タント』をベースにした助手席昇降シート車の『タント ウェルカムシート』を新設定して9月1日から系列販売店を通じ、発売を開始する。
 今回発売する『タント ウェルカムシート』は、昨年12月の発売以来、幅広いユーザーから好評の『タント』をベースに、その特長である“感動の空間”と“ミラクルオープンドア”をいかした助手席昇降シート車で、昨年の第40回東京モーターショーで注目を集めた参考出品車を市販化したモデル。

 軽自動車の助手席昇降シート車としては初めて2モードの昇降機能やベルトインシートを採用するなど、ゆとりある広さと使いやすさを追求することで利便性を高めている。

 特長しては、ミラクルオープンドアを開放すると、幅1480mm、高さ1205mmの大開口を実現。ミラクルオープンドアの開放と助手席シートを後方にスライドさせた時のシート回転によるゆとりある足元スペースと広々とした頭上空間により、楽な姿勢での乗降が可能である。

 価格は、2WDタイプが162万円、4WDタイプが173万5000円。


ダイハツ プレスリリース
http://www.daihatsu.co.jp/wn/2008/0901-1/index.htm
関連記事
スポンサーサイト




もし参考になったらシェアしてくれると嬉しいです!SNS




当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)
ツイッター、でも、更新履歴を流してます。


 Tags                ダイハツ     タント     福祉     限定
[ 2008/09/01 21:25 ] 最新ニュース | TB(0) | CM(0) [編集]

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://keijidousya.com/tb.php/506-28c3e15c



軽自動車ニュース&ブログ