【トヨタ】年末に超小型コンパクト!軽の牙城を崩せるか!?

軽自動車ニュース&ブログ



IQ.jpg

トヨタ自動車は、4人乗り量産車では全長2.985メートルと世界最小の「iQ(アイキュー)」を年内に発売する。排気量1000CC程度のエンジンを搭載し、軽自動車より力強い走りの一方、二酸化炭素(CO2)の排出量はハイブリッド車「プリウス」より少ない。環境に配慮した超小型車として、都会向けにアピールする。
iQは2ドアで幅1.68メートル、高さ1.5メートル。小型車「ヴィッツ」と比べて全長は80センチ短いが、幅と高さはほぼ同じで大人3人と子供1人が座れる。走行1キロあたりのCO2排出量は99グラムでプリウス(104グラム)より少ない。国内に続いて欧州でも発売する。価格は未定。【谷川貴史】

ヤフーニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080311-00000079-mai-bus_all


年末に発売予定の「軽ではない」トヨタの4シーター。

トヨタの技術とダイハツのノウハウを合わせれば、

そーとー品質の高い車が期待できます(^^)


これで、価格が安ければ

軽自動車人気に歯止めがかかるか!?

【新車売れ筋ランキング】今もっとも人気のモデルは?

関連記事
スポンサーサイト




もし参考になったらシェアしてくれると嬉しいです!SNS




当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)
ツイッター、でも、更新履歴を流してます。


 Tags                軽自動車     トヨタ
[ 2008/03/23 09:45 ] 最新ニュース | TB(0) | CM(0) [編集]

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://keijidousya.com/tb.php/435-0260cd3a



軽自動車ニュース&ブログ