【コラボ】異業種とタッグで車に触れる

軽自動車ニュース&ブログ



i ブルームエディション
 平成19年の軽自動車を含む国内新車販売台数が3年連続で前年割れに陥った低迷状態を打開するため、自動車各社が異業種とタッグを組んだ販売促進戦略に力を入れている。日産自動車がゲームメーカー、三菱自動車はインターネット関連会社と連携した販促活動を展開し、富士重工業は洋服・雑貨販売店チェーンと提携して特別仕様車を製造。「クルマ離れ」が進む若者や女性に再び興味を持ってもらおうと試行錯誤が続く。
日産は、20~30歳代の男性を中心に人気があるレーシングゲームとタッグを組んだ。ソニー・コンピュータエンタテインメントが昨年12月に発売したゲームに企画段階から参加し、実写さながらの新型スポーツカー「GT-R」を登場させて、プレーヤーに“試乗”させ、購入につなげようという新たな試みを展開している。

 企業が消費者に提供する商品、サービスなどのサンプル情報を集め、ネットを通じて登録会員に提供する人気サイト「サンプル百貨店」。三菱自は昨年5月から、このサイトを通じた販促活動を進めてきた。

 軽自用車「i(アイ)」をサンプルとして貸し出し、10組にドライブをしてもらい、その体験リポートをサンプル百貨店のサイトに掲載する企画だ。狙いは「口(くち)コミ」効果。サンプル百貨店は約15万人の会員を抱えており、ネット上に広がる口コミ情報が車を購入する際の決め手になると判断した。

 体験リポートには、「カタログよりも熱いメッセージがこもった商品説明がつづられている」(担当者)。直ちに販売に結びつく“即効薬”ではないが、「『三菱ファン』をじわじわ増やすことが重要」と考え、過去の不祥事で傷ついた企業イメージを変える効果にも期待している。

 富士重は若者に人気の洋服・雑貨販売店チェーン「ビームス」と提携して開発した特別仕様の「インプレッサ」を昨年11月に投入した。

 感性の異なる両社のデザインチームがアイデアを結集した商品で、例えば「車の常識では嫌われる」(富士重関係者)はずのつやのない色を、ビームスの提案であえてボディーに採用。富士重は「ビームスから若者にアピールする車作りの知恵を吸収できた」と語る。

 若者や女性の消費行動に精通した異業種とタッグを組むことで、新たな知恵やノウハウを吸収し、今後のクルマ作りに生かす。そこには、自動車メーカーが販売不振から脱却する“特効薬”が潜んでいるようだ。


ヤフーニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080107-00000936-san-ind


これだけ、業界が熟成してんだから、

こーいったコラボ企画

大いに賛成!


やっぱり気になる燃費関係

コラボを期待したい!

もしかして、自動車保険払いすぎてるかも・・・
関連記事
スポンサーサイト




もし参考になったらシェアしてくれると嬉しいです!SNS




当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)
ツイッター、でも、更新履歴を流してます。


 Tags                軽自動車     三菱     新車     コラボ     企画
[ 2008/01/14 21:20 ] 最新ニュース | TB(0) | CM(2) [編集]

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://keijidousya.com/tb.php/403-3d187e2f



軽自動車ニュース&ブログ