花粉の季節 洗車する時のポイント 特に新車の場合

軽自動車ニュース&ブログ



加油站的免費洗車大水管
加油站的免費洗車大水管 / ma jump


花粉症の季節、

洗車で注意したい事を紹介したいと思います。


大量の水で洗車しましょう


この季節は、水アカだけじゃなく

一番やっかいなのは花粉やPM2.5なんです。


まずはボディ表面の汚れや花粉を

スポンジで軽く洗車しながら大量の水で流しましょう。

大量の水

というのもポイント。


節水も大切ですが、

水圧の低いシャワーを当てただけでは、

花粉などの粘着力の高い汚れは落ちませんorz


洗車したら、素早く拭き上げ


合理化を求めるあまり、

洗車のあと、自然乾燥させる

という人いませんか??


この季節、これが一番ダメなんです!

花粉なども混じった、落ちきれなかった水滴が

メチャクチャしつこいウォータースポットの原因になります(>_<)



ウォータースポットとは? 左写真の小さな黒い跡、また2つの白い跡、両方ともウォータースポットと呼んでいる方も多いようですが、実は異なるものです。
この黒い跡は、劣化した油膜、白い跡はイオンデポジットと呼ばれるものなのです。
ウォータースポットとは、劣化がクリア層や塗装に浸食し、凹んでいるもののことです。 パッと見はイオンデポジットに非常に良く似ています。
ウォータースポット・イオンデポジットとは、いったい何?


↑の解説によると、

正確にはウォータースポットと言うよりも

インデポジットに近いかもしれません。


特に、新車の人に注意が必要。

ウォータースポットを作っちゃうと、せっかくの新車がイッキに中古車感でちゃいます^^;

困った!新型タントで初心者とお年寄りが困る事とは?
関連記事
スポンサーサイト




もし参考になったらシェアしてくれると嬉しいです!SNS




当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)
ツイッター、でも、更新履歴を流してます。


 Tags                洗車     花粉症
[ 2014/03/17 16:53 ] 実話 | TB(0) | CM(-) [編集]

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://keijidousya.com/tb.php/2589-2f978aed



軽自動車ニュース&ブログ