今度こそマジか!? 軽自動車の税金が値上げ検討

軽自動車ニュース&ブログ



Roadside: TPP Leesburg
Roadside: TPP Leesburg / GlobalTradeWatch

総務省は軽自動車の持ち主が毎年納める軽自動車税(地方税)を大幅に増やす検討に入った。2015年にも廃止される自動車取得税(同)の代わりの財源とし、地方財政への影響を回避する。欧州連合(EU)などとの通商交渉で、日本の軽の税率が低すぎると指摘されていることも見直しの追い風とみている。
総務省、車増税「軽」に照準 取得税廃止穴埋め  :日本経済新聞


やっぱり値上げ?((;゜Д゜)


TPPの参加が大きくニュースになっていた4月の当ブログでも取り上げてました。

その時に、

軽の税金は上がって普通車はちょっぴり安くなるってトコで落ち着くのでは?

と書きましたが、

今回の報道では、一方的に軽自動車の税金が高くなるような雰囲気^^;


どの税金が値上げするのか?


軽の税金といってもたくさんあります。

今回話題になっているのは自動車税。

この税金は年に一回支払う税金で、軽・乗用車の場合7200円、軽・商用車の場合4000円。

普通乗用車の場合はホンダ・フィットで34500円なので、約5分の1の金額です。

※ちなみに普通乗用の最安値は29500円。


この7200円が、どれだけ高くなるかはわかりませんが、

ヘタすると3万円に近い金額になる??

なったらヤですねorz

軽自動車に乗ってる意味無いじゃん。ってなっちゃいますね。


ただし軽自動車は他の税金も安いので、たとえ自動車税が高くなっても全体で見れば、まだまだ税制面での優遇には変わりありませんが^^

詳しくは、【1-1】軽自動車のメリットデメリット


TPPが理由じゃない!?


輸入車には軽自動車が無いから(そもそも660cc規格のエンジンがない)

「軽の優遇を撤廃せい!」という話もあるそうですが、

撤廃したからといって、輸入車の販売台数が伸びるとは思えない^^;

だって、客層が違いすぎるから。


せっかくなら輸入車メーカーに日本メーカーの660ccエンジンを使って

オリジナルの軽自動車を作ってくれないだろーか??

「そんな軽」をみんな期待しれるハズ^^

素朴な疑問 - 外車の軽自動車ってあるの?


結局は、

取得税の減税分を補わないといけないから

というのが主な理由だと思います。

この取得税という税金も

昔から「消費税との2重取り」「車に贅沢税の意味はすでに無い」との意見も多く、

廃止論も多い税金でして。


それが、エコカー減税の対象だったので、

各メーカー少しでも買う時に安くなればと、免税車を多く作り上げて来ました。

そのせいもあって(おかげと言うべきでしょうか)

取得税の税収が大きく減ってしまいました。


そこで最近の軽自動車人気をみて、

減収をどこかで補わないといけない → じゃあ軽の自動車税で回収しよう(TPPもうるさいし、前々から「安い」って声もあったしね)

という短絡的な増税はしてほしくないなぁ

と願うばかり。

トヨタの社長が安倍政権にモノ申す!でもなぁ 軽自動車ニュース&ブログ
関連記事
スポンサーサイト




もし参考になったらシェアしてくれると嬉しいです!SNS




当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)
ツイッター、でも、更新履歴を流してます。


 Tags                税金     取得税     自動車税     増税
[ 2013/08/28 22:21 ] 最新ニュース | TB(0) | CM(-) [編集]

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://keijidousya.com/tb.php/2341-10f025a6



軽自動車ニュース&ブログ