医療ミーツ運転で新しい未来のクルマ

軽自動車ニュース&ブログ



Yawn
Yawn / CousinJacob

多くの大手自動車メーカーは、車にいわゆるバイオメトリックセンサーを搭載する研究を加速している。つまり、運転者の脈拍、呼吸、皮膚コンダクタンス(手のひらが汗をかいているかを示す)といったバイタルサイン(生命兆候)を監視するセンサー装置だ。車の安全システムを制御するコンピューターにこういった情報が与えられれば、走行中に遭遇する障害への反応を改善できるかもしれない。
運転者の脈など健康状態を監視する自動車-数年で実現する機能も



車の性能、ここに極まる。

次の未来は


走りの性能・燃費・安全ときて、次は健康ですよ。未来の車のトレンドは(^_^)

今の車は、クルマの燃費や距離やメンテナンス時期を教えてくれますが、

運転者の情報まで教えてくれるなら、正に未来の車。

ニュース記事にもあるように、握ったハンドルの発汗具合でわかる事もありそうです。

シート自体が体重計で毎日の体重を計ったりできると面白いかもwww

嫌がる人もいるかなwww


クルマに乗る意味が一つでも増えれば、新しいクルマの価値観が生まれます。

ぜひ数年の間に実現して欲しいですね~ 

軽自動車みたいな大衆車に搭載されるのは、もっと先でしょうけど(^^ゞ

【ダイハツ】災害初動支援車が使い勝手良し
関連記事
スポンサーサイト




もし参考になったらシェアしてくれると嬉しいです!SNS




当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)
ツイッター、でも、更新履歴を流してます。


[タグ未指定]
[ 2012/11/29 18:20 ] 最新ニュース | TB(0) | CM(0) [編集]

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://keijidousya.com/tb.php/1972-fa440be4



軽自動車ニュース&ブログ