えっそんなに高くていーの!?買取査定が高くなる7項目

軽自動車ニュース&ブログ



●下取りが一般的

買換えの場合、次の車を買う店に『下取り』してもらうのが一般的です。単純に車を手放すだけという場合は、買取専門店で買い取ってもらうケースも多くなってきたようです。

ネットで買取一括査定をして、
おおよその相場を確認して次に買う店で下取ってもらうのがベスト。

下取りのメリットとしては、納車まで自分の車に乗ることができます。(当たり前と言えば当たり前ですが)これが、買取専門店の場合は、先に車を手放さないといけないケースがあり、買換えの車が納車されるまで車が無く、納車後に手放すケースは車が2台になってしまいます。 これを「そんなモン売り手の自由だから、どーにでもなるんちゃう?」と思った方はこちら。 高く売りたいなら、結構買い手の要求も呑まないと高く売れないのも事実。

さらに詳しい買取と下取りの違いはこちら


●業界の傾向

買取専門店の普及によって、中古車販売店やディーラーも下取り値段で結構な高値がつくようになりました。
インターネットや中古車オークションにより軽の中古車相場は安定してます。ですから、買取専門店の方が高く買取ってくれることも無くなってるのが現状です。かくゆう私も、過去に査定した額が買い取り専門店と全く同額だったことがあり、お客さんと大笑いした記憶があります。これは、査定をする時に参考にするデータソース(情報源)が一緒だから起きた現象です。
また、トヨタ系のディーラーでは、一度査定をすると系列のディーラーでは同じ査定金額を提示されるネットワークが完成されてるので、ディーラーを何件廻っても同じ査定だったりするので注意。



●下取りを高くするポイント

下取りや買取の査定は、基本的にはマイナスで査定されます。つまり、基本の相場から、どれだけマイナス要素があるかないかで査定額に大きな差ができます。

  1. 事故をしていない

  2. 過去にやっちゃったものは、潔くあきらめましょう。よっぽどの軽い事故か、査定する人間が無能でない限り、事故車は見破られます。ですから、先に言っておいた方が好印象かもしれません。


  3. 人気カラー

  4. 不人気色な車は、仕方ないのであきらめましょう(^^)
    一般的に、黒・白・パール・シルバー以外は、安くなる覚悟をしておいてください。ただ、若者向けの車なのにシルバーだとか、その車ごとに定番の色が存在しますので、全てでは無いですが・・・。


  5. 綺麗

  6. 内外装が汚いのは洗車をして、内装は簡単でも整理しておきましょう。どのみち手放すなら、内装の整頓はしないといけませんし、査定する人の心象が良くなります。これが結構、有効だったりしますから、所詮、査定するのも人間だってことですね(^-^) 
    私も、内装がキレイだと「きっとメンテンナスもきちんとやってるのかな?」とか「無茶な走りはしてなさそーだな」とか思って査定してしまいます。
    それこそ、次に売ることを考えれば、洗車・クリーニング代もバカになりませんから、キレイであればその分上乗せ・・・では無く汚ければ「洗車・クリーニング代」のマイナス査定されかねません。


  7. メンテナンスがきっちりしてある

  8. 今更、どうしようもないのであきらめましょう。悪あがきをするのであれば、エンジンルームの洗車と、エンジンオイルキャップの洗浄をしておくと好印象かもしれません。ただし、オイルキャップは水気をしっかりとっておかないと、逆効果です。また、エンジンルーム内の洗車は専門道具がないとなかなか難しいかもしれません。
    逆にきっちりメンテナンスのしてあった車あれば、点検記録簿などをさりげなく車検証入れの中に入れておくのも有効です。タイミングベルト交換やウォーターポンプの交換などの大きな交換があれば、先に言っておきましょう。


  9. 新車保証書・整備手帳がある

  10. いわば車の履歴書ですから、出所のわからない車を査定するのは非常に難しいので、無いとマイナス要因となります。特に高年式車は、無いことで『メーター改ざん』の疑いがでてきますから大幅なマイナス査定になりまねません。
    中古車の場合でも、点検記録簿が残っていれば効果的です。


  11. 買った時の契約書がある

  12. 効果は上と同じですが、買った値段より高く査定することはありませんから、ひょっとすると、逆にマイナス要因にもなりかねませんが、一応。
    保証書などが無い場合などに有効。 例えば、同じ市内で買って、何年か後に、違う店で引き取ってもらう場合は、引き取る業者として「ふむふむ、あの店で買ったのか・・・てことは出所ははしっかりしてるな・・・」といった具合に、近くの他業者であれば横の繋がりもあるので、勘ぐられます。


  13. 改造してない

  14. 改造に10万かけようが100万円かけようが、純正カタログに載っていない、次に乗る人を選ぶような改造は、安くなると思ってもらって間違いないです。
    時々、何十万キロ走行したセ○シオに、100万以上かけたからと言って、それ以上の買取値段を要求する方もみえましたが、残念ながら、100万かけても200万かけても、車種・年式・走行距離でしか査定は判断できないのが現状です。
    よほどの改造であれば、専門店へ持っていくのがベストです。改造車専門店であれば、100万円かけた改造の価値はプラスで査定してくれると思います。

    <かなり安く買い叩かれる改造>
    内装色の改造(色替え)
    コテコテの社外エアロ・マフラーなど
    自作サウンドシステム
    全塗装
    etc

    <逆にポイントアップな改造>
    アルミホイールのインチアップ(デザインにもよるので難しいですが)
    純正フルエアロまたは、それに近いフルエアロ
    ターボ車にターボタイマー
    etc


こちらも参考に・・・ネット査定や買取店で高く売るコツは、たった2つ

高額査定が続々と!!愛車無料査定中!
関連記事
スポンサーサイト




もし参考になったらシェアしてくれると嬉しいです!SNS




当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)
ツイッター、でも、更新履歴を流してます。


[タグ未指定]
[ 2012/07/15 17:45 ] 売りたい | TB(0) | CM(0) [編集]

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://keijidousya.com/tb.php/1785-d2aed921



軽自動車ニュース&ブログ