【新型】ダイハツ・イース(e:s)のグレードの違い。オススメは?

軽自動車ニュース&ブログ



ダイハツ イース 青

ついに発売された

ダイハツ・イース(e:s) goo


そのグレードの違いを説明していきたいと思います。

まずは、
グレード編成から。


下から

[D]

[L]

[X]

[Xf]

[G]

[Gf]



と6つもグレードがあります。



ただし、


[Xf]



[Gf]

は[X]と[G]のそれぞれ4WDの設定なので、



実質は4グレードから選ぶ事になりますコール

以下、詳細。




[D]

最安値グレードの為、装備もゼロ。オーディオも無し。

話題の795,000円だが、あまりにも装備が無い。

ボディーカラーも白しか選択できないので

商用車(バン)のように使うならアリ。

サイドミラー、ドアノブも

樹脂カラー(黒)。


どうしてもマイカーとして使うなら、

サイドミラー、ドアノブを白に塗装して、

ホイールキャップをつける

くらいやらないどダメ。


装備を見る限り、

どうしても79.5万円という低価格で出したかったから

作られたグレード。




[L]

値段は、895,000円と

[D]より10万円アップするが、

その分、最低限の装備が追加。

※カラードサイドミラーやシルバードアノブ、オーディオなど

これが一般的なベースグレード。


ただし残念・・・というか

そりゃ無いぜ!ダイハツさん!

と言いたいのが、

「キーレスが無い」

と言うこと。


今どき、新車買ってキーレスも無いなんて・・・orz

こーなったら、

キーレスは社外品をカー用品店で買って

装備しちゃいましょう!

たぶん3万円くらいで付きます。



[X]

さらに10万円アップした[X]。

よーやくキーレスが追加。

他にも

電動格納ドアミラーやスモークガラス

内装にもメッキパーツが使われます。


そして何より、

エコカーに相応しい

自光式デジタルメーター(ブルーがエコカーっぽい!)



エコドライブアシストディスプレイ

が装備。



ただし、

装飾品ばかりなので、

見た目にこだわらないのであれば、

[L]でも問題なさそう。




[G]

最上級グレードで約12万円アップ。

[X]の装備から

サイドエアバック

VSC(横滑り防止)

シートの高さ調節

革巻きハンドル

オートエアコン

アルミホイール

が追加装備。



普通に考えても

アルミホイール

と革ハンドルだけで

10万円くらいするから

それ以外、

サイドエアバック、

オートエアコン

など、

後付けできないオプションを考えれば

かなりお買得なグレードと言える。




おすすめグレードは?

普通に乗るなら

[L]にキーレス後付けで決まり。

充実装備をとるなら

[G]で間違い無し。


お金に余裕があるなら

[D]でカネ掛けまくるというのも一興。

だって[G]と32.5万円も差があるんですよ~

30万円分自分好みに仕上げるのもアリかな??

ただし、色は白のみですが汗

人気グレードランキングはこちら
関連記事
スポンサーサイト




もし参考になったらシェアしてくれると嬉しいです!SNS




当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)
ツイッター、でも、更新履歴を流してます。


 Tags                ダイハツ     ミライース     グレード
[ 2011/09/26 18:20 ] 最新ニュース | TB(0) | CM(0) [編集]

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://keijidousya.com/tb.php/1566-869ff2cb



軽自動車ニュース&ブログ