【減税】新車の7割が減税対象車。その裏側

軽自動車ニュース&ブログ



スズキ エブリイワゴン 黒 JPターボリミテッド

日本自動車工業会は、7月のエコカー減税対象車の販売台数をまとめた。

登録車・軽自動車で自動車重量税・自動車取得税が減免となるエコカー減税対象の7月の販売台数は27万7607台で

、販売全体に占める割合が79.8%と今年度として最高になった。

内訳は重量税・取得税が免税が4万1933台、75%減税が17万4827台、50%減税が6万0847台だった。

また、重量車の重量税・取得税の減免対象の7月の販売台数は7324台となり、販売全体に占める割合は70.7%だった。



レスポンス
http://response.jp/article/2011/08/26/161367.html



感覚の話ですが、

もともと売れ筋の新車の

7割は減税対象車



3割は減税対象じゃない車

って感じ。



つまり、

このニュースでは、

みんな減税対象車を選んでますよ~

なんですが、

そうでは無く、

欲しい車が減税対象なので買い易くなってる

といったのが事実きゃー




ちなみに

軽の「否」減税対象車の売筋と言えば、

スズキ・エブリィワゴン

※画像の車です


でも、

こういった否対象車は、

対象車に負けないくらい

お買得な限定車でてましたコール



なので、

減税対象じゃない車は

限定車を狙うのもアリgoo
関連記事
スポンサーサイト




もし参考になったらシェアしてくれると嬉しいです!SNS




当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)
ツイッター、でも、更新履歴を流してます。


 Tags                新車     減税
[ 2011/08/29 07:00 ] 最新ニュース | TB(0) | CM(0) [編集]

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://keijidousya.com/tb.php/1550-5edc99db



軽自動車ニュース&ブログ