【新車】主要メーカーは4割減 あの業界はすでにV字回復!?

軽自動車ニュース&ブログ



全国軽自動車協会連合会が発表した4月の軽自動車ブランド別販売台数によると、
ダイハツ、スズキ、ホンダの上位3ブランドが4割を超えるマイナス幅となった。

シェアトップのダイハツは前年同月比44.0%減の2万4418台となった。2位のスズキが同45.8%減の2万4335台で、83台の僅差だった。3位のホンダは同40.4%減の8166台だった。

4位が日産で同38.1%減の6657台、5位が三菱自動車で同18.1%減の5185台だった。6位がスバルで同32.3%減の4918台、7位のマツダが同16.8%減の3164台だった。


レスポンス
http://www.carview.co.jp/news/2/146112/


軒並み40%減は、

震災の影響がモロに出た結果。



最近ニュースで見ましたが、

観光ニーズは、自粛ムードの反発からか

V字回復してるそうで、

昨年よりも景気が良くなってるとそうです。


これもお金を回すという意味では、

支援の一つgoo



こういった間接的な支援の輪が

大きなチカラとなって

日本全体を元気になると信じたいきゃー



良いニュースを耳にすると、

夏に懸念されるの電力不足も

個人・企業の節電で乗り切れるのでは?

と思ってしまうほどです。



そして大きなチカラになる時までに

車業界が、

商品をしっかり提供できる体制に戻っていてほしいと願いますコール

関連記事
スポンサーサイト




もし参考になったらシェアしてくれると嬉しいです!SNS




当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)
ツイッター、でも、更新履歴を流してます。


 Tags                新車
[ 2011/05/04 10:47 ] 最新ニュース | TB(0) | CM(2) [編集]

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://keijidousya.com/tb.php/1479-8f626a1f



軽自動車ニュース&ブログ