【スバル】プレオの名前の残した理由

軽自動車ニュース&ブログ



スバル プレオカスタム 黒
スバルが20日に発売した新型『プレオ』は、ダイハツ『ミラ』ベースのOEM供給車だが、『R1』『R2』の“ハッチバック系”カテゴリの穴を埋める新型になぜ「プレオ」という名前を与えたのか。
スバル商品企画本部プロジェクトゼネラルマネージャーの大崎篤氏は、その3つの理由を話してくれた。

「まずひとつは、プレオの持つ広い空間やユーティリティの高さは、ベースのミラとも通じるところがある。全高が1550mm前後というところも近い」

「スバルの軽自動車ラインナップのなかでもブランドイメージを確立しているモデルのひとつであるし、ユーザに覚えてもらいやすい名前でもあること」

「最後は、バンのグレードがあることも共通している。商用展開してきた実績からもプレオという名前になじみやすいのではないか」

スバルの軽自動車ラインナップは、背の高い順に『ディアスワゴン』(全高1875mm)、『ルクラ』(1730mm)、『ステラ』(1645mm)、プレオ(1530mm)となり、この“軽新4兄弟”で拡販を狙っていくという。


レスポンス
http://response.jp/article/2010/04/27/139725.html


まぁ、

ネーミングについては

色々あると思いますが、

商標の問題も大きいです。

商標?

と言うか

どーかもわかりませんが、

商標やらなんやらの登録だけでも

結構、大変なんで、

そのまま名前をつかう場合も多いらしいコール


なので、

フルモデルチェンジして

全く違う車になった時も、

過去に生産終了になった車が復活して、

昔の面影が全くなしで発売される時も

同じ車名だったりします。
関連記事
スポンサーサイト




もし参考になったらシェアしてくれると嬉しいです!SNS




当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)
ツイッター、でも、更新履歴を流してます。


 Tags                スバル     プレオ     車名     ネーミング     秘話
[ 2010/05/05 11:00 ] 実話 | TB(0) | CM(2) [編集]

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://keijidousya.com/tb.php/1269-1392a344



軽自動車ニュース&ブログ