【リコール】日産オッティ

軽自動車ニュース&ブログ



オッティ

基準不適合状態にあると認める構造、装置又は性能の状況及びその原因
①ターボチャージャ付車両において、ターボチャージャへオイルを供給するオイルフィードパイプの配管位置及び防錆処置が不適切なため、融雪剤散布地域での走行等により塩水がかかり当該パイプが腐食することがあります。そのため、そのまま使用を続けると、腐食が進行して穴があき、オイルが漏れ排気管に付着し白煙が発生し、最悪の場合、漏れたオイルが発火し、火災に至るおそれがあります。
②ターボチャージャ付車両において、ターボチャージャへ冷却水を供給する冷却水フィードパイプの配管位置及び防錆処置が不適切なため、融雪剤散布地域での走行等により塩水がかかり当該パイプが腐食することがあります。そのため、そのまま使用を続けると、腐食が進行して穴があき、冷却水が漏れるおそれがあります。

改善の内容
①オイルフィードパイプを対策品と交換します。
②冷却水フィードパイプを対策品と交換します。

日産 リコール
http://www.nissan.co.jp/RECALL/DATA/report2288.html


リコールは無料でうけられます、

早めに、お近くのディーラーまたは整備工場へ

持って行きましょう!→ranking もし参考になったらシェアしてくれると嬉しいです!SNS




当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)
ツイッター、でも、更新履歴を流してます。


 Tags                軽自動車     リコール     日産     オッティ
[ 2009/04/02 10:00 ] リコール | TB(0) | CM(0) [編集]

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://keijidousya.com/tb.php/962-734b502d



軽自動車ニュース&ブログ