【新型】スズキ・スーパーキャリイ ビックキャビンの軽トラ!待ってました!

軽自動車ニュース&ブログ



スーパーキャリイ発売タイトル

スズキから

軽トラックで乗車スペースの広い、

スーパーキャリイが発売^^



こーいった軽トラは、

ダイハツのハイゼットジャンボ1車種のみと

独壇場でしたが、

スズキからも発売されたことで、

今後のライバル争いが面白くなりそう^^


それでは詳しく見ていきましょう。



なんといっても広い室内


最大のメリットは、

広々室内^^


スライドするシート

スーパーキャリイ内装スライド幅
出典:キャリイ スーパーキャリイ | スズキ

室内が広いことで、

シートのスライド幅も大きく取れます。


リクライニングも

スーパーキャリイ内装リクライニング角
出典:キャリイ スーパーキャリイ | スズキ

ここが最大の魅力^^

シートがリクライニングします!

普通の人には

はぁ?

かもしれませんが、

軽トラックには

リクライニング機能がありません。


そもそも

荷台の積載量が最優先のトラックなので

リクライニングできないくらいキツキツなのは

当然の仕様。


でも、

積載量はそこそこで

乗車スペース最優先といったニーズには

ピッタリな軽トラ^^


頭上も広々

スーパーキャリイハイルーフ
出典:キャリイ スーパーキャリイ | スズキ

全グレード

ハイルーフ仕様で頭上も広々。

気分的にも開放感でます。


小物入れもたくさん

スーパーキャリイ内装小物入れ
出典:キャリイ スーパーキャリイ | スズキ

充実の小物入れ↑


専用装備

スーパーキャリイ専用装備
出典:キャリイ スーパーキャリイ | スズキ

専用装備として↑がありますが、

ぜんぶ便利w

軽トラにあったら便利が

がコレら^^


デメリットは?


荷台スペースが狭くなる

スーパーキャリイ荷台採寸
出典:キャリイ スーパーキャリイ | スズキ

当たりまえですが、

荷台を削って乗車スペースを確保してます。

こちらも当然ですが、

削った分荷室が増えます↓

スーパーキャリイ荷室採寸
出典:キャリイ スーパーキャリイ | スズキ


値段が高い

通常の軽トラに比べて割高設定です。

装備が良くなって使われている素材も多くなるので

高くなるのは当然。

ベースになる[KC](エアコン、パワステ)2WD 5MTが

844,560円

スパーキャリイの[L] 2WD 5MTが

974,160円

その差、129,600円


約13万円の差額で

・誤発進抑制機能(前後)
・リクライニング
・スライドシート
・助手席テーブル
・専用装備(上記3点)
・その他いろいろ


が装備されるので、

妥当な価格アップ。


まとめ


カラーバリエーションも楽しめるので、

大型タイヤやリフトアップなどカスタムしたら、

カッコよくなる事間違いなし^^


↓ハイゼットジャンボのカスタムはこんな感じ
ハイゼットジャンボカスタム

ハイゼットジャンボカスタムハイゼットジャンボのカスタムを探す





関連記事




もし参考になったらシェアしてくれると嬉しいです!SNS




当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)
ツイッター、でも、更新履歴を流してます。


 Tags                スズキ     スーパーキャリイ
[ 2018/06/02 18:41 ] 新型モデル | TB(0) | CM(-) [編集]

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://keijidousya.com/tb.php/3652-1e58ea85



軽自動車ニュース&ブログ