上半期で1番売れた車はN-BOX!それでもフルモデルチェンジする理由とは!?

軽自動車ニュース&ブログ



ホンダ N-BOXカスタム タイトル

1位:N-BOX(ホンダ)10万6231台(10.7%増)
2位:プリウス(トヨタ)9万1246台(36.0%減)
3位:ノート(日産)8万4211台(63.3%増)
4位:タント(ダイハツ)8万0607台(9.8%減)
5位:C-HR(トヨタ)7万9303台
6位:デイズ(日産)7万6707台(49.3%増)
7位:ムーヴ(ダイハツ)7万2167台(26.0%減)
8位:アクア(トヨタ)6万4168台(28.2%減)
9位:フリード(ホンダ)6万1057台(235.7%増)
10位:スペーシア(スズキ)5万7763台(36.9%増)

※黄マーカーは軽自動車

出典:新車販売総合、N-BOX が軽3年ぶりのトップ 2017年上半期車名別 | レスポンス(Response.jp)


上半期で最も売れた車が、

ホンダ N-BOXでした^^

こんなに売れてるのに

フルモデルチェンジする理由とは?


スポンサードリンク



発売から6年が経過


2011年の発売から6年が経過し、

設計が古くなってきている事実。

売れてるとはいえ、

他メーカーに比べて、

・燃費
・N-BOXにしかない個性


では負けています。


燃費では、

スズキのスペーシアが評判良いですし、

個性では、

タントのパノラマオープンドアのような、

N-BOXにしかない個性はありません。


この2点を埋めるためだけでも

フルモデルチェンジする意味がありそうです↓

新型N-BOX軽量化
出典:新型N-BOX 先行情報サイト|N-BOX|Honda

80kgも軽量化したら、確実に燃費は良くなります^^


新型N-BOXスーパースライドシート2
出典:新型N-BOX 先行情報サイト|N-BOX|Honda

注目したいのは、

このスーパースライドシート!

他のライバル車には無い装備になります。




シリーズ化の運命か


ホンダの軽は、

N-BOXをベースに派生車がたくさん(Nシリーズ)

つまり、

N-BOXが売れまくっていても、

派生車も売れなければ

メーカーとしては困ります。


・N-BOXプラス
・N-BOXスラッシュ
・N-ONE
・N-WGN
・N-WGNカスタム


などは、

N-BOXがフルモデルチェンジしないと、

派生車たちもフルモデルチェンジできない関係。


なので、

派生車が売れない状況にあるなら、

売れているN-BOXをフルモデルチェンジして、

派生車のテコ入れする必要があるというワケ。


ちなみに、

売れてない派生車は、

このタイミングで生産終了になる可能性も^^;

N-BOXスラッシュは、

ちょっと可能性ある!?

【ホンダ】ついに新型N-BOXの画像公開!新型カスタムはこんな仕上りに


関連記事




もし参考になったらシェアしてくれると嬉しいです!SNS




当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)
ツイッター、でも、更新履歴を流してます。


 Tags                ホンダ     N-BOX
[ 2017/07/07 17:40 ] 最新ニュース | TB(0) | CM(-) [編集]

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://keijidousya.com/tb.php/3484-7a439f55



軽自動車ニュース&ブログ