リアシートを倒さずに広いラゲッジスペースを実現する軽は?

軽自動車ニュース&ブログ



Luggage
Luggage / larsjuh



最近の軽は、リアシートの足元が本当に広くなりました↓

ラゲッジスペース比較 エブリイとウェイク


その代わりにラゲッジスペース(トランク)が狭くなりました↓

ラゲッジスペース比較 エブリイとウェイク



なので正確には、

ラゲッジスペースを削ってリアシートを広くとった

という事なんです。

リアシートは、前後へスライドするのでラゲッジスペースを広く使いたい場合は、

シートを前へスライドさせてラゲッジスペースを広く取る事も可能です。


しかし、使い方によっては、

シートをスライドしなくても荷室を広くとりたい場合もあります。

そんな軽は・・・

スポンサードリンク



答えは軽箱


ラゲッジスペース比較 エブリイとウェイク

画像は、スズキ・エブリイ。


ラゲッジスペースが広い軽といえば、エブリイなどの軽箱(ケッパコ)。 

もともと商用車がベースなので、画像のように荷物がたくさん積めるように作られてます^^


足元も狭いわけではありません↓

ラゲッジスペース比較 エブリイとウェイク


常にラゲッジスペースが広く使いたい!

という方は、軽箱がオススメ^^

軽箱バンの軽自動車一覧
軽箱ワゴンの軽自動車一覧


関連記事




もし参考になったらシェアしてくれると嬉しいです!SNS




当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)
ツイッター、でも、更新履歴を流してます。


 Tags                スズキ     エブリイ     ダイハツ     ウェイク
[ 2015/05/03 23:10 ] 実話 | TB(0) | CM(-) [編集]

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://keijidousya.com/tb.php/3025-75ef6254



軽自動車ニュース&ブログ