サルでも違いがわかるダイハツ・ウェイクのグレード比較解説

軽自動車ニュース&ブログ



ダイハツ ウェイク オレンジ

ウェイクのグレードは基本が4グレード。

グレードは4つ



・最上級グレード[G] ※
・上級グレード[X] ※
・中級グレード[L]
・ベースグレード[D]


※はターボ搭載車

それぞれのグレードに[SA]が付くと、

スマートアシスト(通称スマアシ)ぶつからないレーダーが装備されます。


まずは、ターボかノンターボかを選びましょう・・



スポンサードリンク



ターボ?ノンターボ?


まずは、ターボかノンターボかを選びましょう。

ターボが必要なら[G]もしくは[X]

ノンターボなら[L][D]


ターボ必要なら

最上級の[G]なら、

・両側パワースライドドア
・革巻きステアリング、革巻きシフトノブ
・15インチアルミホイール


などが標準装備。


[G]が1,706,400円、

ひとつ下の[X]が1,620,000円。

その差額、86,200円。


両側パワースライドドアが必要なら、間違いなく[G]がおすすめ。

[X]に運転席パワースライドドアをオプション装備すると48,600円アップしちゃうので、

両側パワースライドドアが必須なら[G]。


ターボ不要なら

ベースグレードの[D]だと、

・マニュアルエアコン
・パワースライドドア無し
・スマートキー無し


他にも、細かな快適装備がありません。

[L]が1,522,800円、

ひとつ下の[D]が1,350,000円。

その差額、172,800円。

ウェイクは魅力的なオプションもたくさんあるので、

17万円でオプションをたくさん買うのもアリ^^


中間グレードで比較


では中間グレードの[L]と[X]ではどちらがオススメでしょうか?

まず本体価格は、

[X]が1,620,000円、

[L]が1,522,800円。

差額が97,200円


約10万円の違いは、

・ターボ搭載
・アルミホイール
・3連メーター(タコメーター付き)


他。


ターボ搭載が約5万円、アルミホイールが約5万円とすると、

若干お得感はあるものの妥当な価格差。

やはりターボが必要かどうか?がカギになってきます^^


まとめ


趣味性の高いクルマなので

[G] > [D] > [L] >  [X]

の順でオススメします。


この車を使い倒すなら、やっぱりターボ車がベストかなと。

ノンターボであれば、タントやN-BOX・スペーシアも比較対象になってくるので、

ウェイクならターボを搭載して「本格的に軽ミニバン」として使うのが、まっとうな使い方。

そーなると[X]よりも[G]でフル装備・最上級な軽ミニバンとして使うのがベスト^^


2番めは[D]。

本体価格を抑えた分、オプション装備に費用をまわして

ウェイクを使い倒すという買い方も面白い^^





関連記事




もし参考になったらシェアしてくれると嬉しいです!SNS




当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)
ツイッター、でも、更新履歴を流してます。


 Tags                ダイハツ     ウェイク
[ 2014/11/15 17:46 ] グレード比較 | TB(0) | CM(-) [編集]

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://keijidousya.com/tb.php/2872-816145b6



軽自動車ニュース&ブログ