【新型】14年ぶりに軽トラックがフルモデルチェンジ!スズキ・キャリイ

軽自動車ニュース&ブログ



スズキ キャリイ 白DA16T

軽トラック「キャリイ」は、1961年10月に「スズライト キャリイ FB型」として発売以来、扱いやすいエンジン、広い荷台、頑丈な車体や使いやすさといった基本コンセプトを変えることなく進化を続け、中略 国内累計販売台数は約420万台に達している。
スズキ株式会社 四輪製品ニュース 2013年8月29日 スズキ、新型軽トラック「キャリイ」を発売




フルモデルチェンジは14年ぶり


マイナーチェンジを繰り返して、気がつけば14年が経ちました^^

14年前というと、

・日本国内のガソリンの店頭レギュラー価格(全国平均)が1リットル=90円の過去最安値を記録
・ナンバープレート(自動車登録番号標)の分類番号3桁化と希望番号制が全国展開
・ソニーが子犬型ペットロボット「AIBO」の発売を開始
・宇多田ヒカル人気、初アルバム『First Love』が700万枚を超す記録的セールス
・『だんご3兄弟』が299万枚の記録的大ヒット
参考:1999年 - Wikipedia


がありました。

大きく時代は変化しましたが、14年でも変わらないのは軽トラックと↓くらい^^;
【これは怖い!!】14年前に買ったマクドナルドのハンバーガーが今でも腐らず当時の姿と変わらない件 - IRORIO(イロリオ)


スバルのサンバーじゃないよ


ショートホイールベースに統一されたことによって、

パっと見がスバル・サンバートラック(昔のね)っぽくなりました。

小廻り優先ということで快適性よりも実用性を重視した作りに。

スバル・サンバートラック画像


良くなった点


プレスリリースにはたくさん書かれてますが、この新型になって

・居住空間を拡大しながら、広い荷台を実現。
・新エンジンと軽量化でクラストップ


の2点が大きく良くなった点。


特に、評判の良いワゴンRと同じエンジンを搭載したことによって、

軽トラの走りがどれだけ変わるのかが見もの^^

昔の軽トラにはキャタピラ仕様が存在した


関連記事




もし参考になったらシェアしてくれると嬉しいです!SNS




当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)
ツイッター、でも、更新履歴を流してます。


 Tags                スズキ     キャリイ
[ 2013/08/29 20:00 ] 新型モデル | TB(0) | CM(-) [編集]

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://keijidousya.com/tb.php/2345-c36b3a5f



軽自動車ニュース&ブログ