【リコール】キャリイなど3車種

軽自動車ニュース&ブログ



四輪駆動の貨物自動車において、リヤプロペラシャフト軸受の材質が不適切なため、長時間の高速走行を行った場合、潤滑油が高温になり、潤滑油中の硫黄成分と当該軸受の銅の化学反応が促進され、硫化銅が多量に生成されることがあります。そのため、そのまま使用を続けると、当該軸受に硫化銅が堆積して、摺動抵抗が増大することにより更に高温となり、軸受がトランスファケースから抜けて異音が発生し、最悪の場合、トランスファケース及びアウトプットシャフトが破損してリヤプロペラシャフトが脱落し、走行不能となるおそれがあります。

リコールは早めに対処しましょう!

スズキ リコール情報
http://www.suzuki.co.jp/cpd/koho_j/recall/070418.htm もし参考になったらシェアしてくれると嬉しいです!SNS




当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)
ツイッター、でも、更新履歴を流してます。


 Tags                軽自動車     スズキ     キャリイ     エブリィワゴン     エブリィバン     リコール
[ 2007/04/19 18:31 ] リコール | TB(1) | CM(0) [編集]

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://keijidousya.com/tb.php/231-00119c11


スズキ・リコール情報

軽自動車のスズキがリコール情報を発表しました。トランスファーケースに不具合があるとして、キャリー、エブリィ、スクラム(マツダへのOEM車両)の2001年7月から2007年3月までに製造された、約38万台のリコールを国土交通省に届け出た。って、これ私が持っている車...
[2007/04/20 11:12] URL 軽自動車に乗ろう!K-CAR情報専門店

軽自動車ニュース&ブログ