【リコール】日産・オッティ オイルシールからオイル漏れの可能性

軽自動車ニュース&ブログ



基準不適合状態にあると認める構造、装置又は性能の状況及びその原因
エンジンフロントケースに装着しているクランクシャフトオイルシールにおいて、フロントケースの加工ばらつき、 およびオイルシール圧入量ばらつき等の複合要因により、当該オイルシールの保持力が低下しているものがあります。 そのため、当該オイルシールが抜け出しエンジンオイルが徐々に漏れ、油圧警告灯が点灯し、そのままの状態で使用を続けると、 エンジン内部部品が焼付き、走行不能となるおそれがあります。

改善措置の内容
全車両、当該オイルシール取付部を点検し、オイル漏れが無い場合は、 フロントケースにオイルシール抜け止め用プレートを追加装着します。 なお、オイル漏れがある場合は、オイルシールを新品に交換するとともに、フロントケースに抜け止め用プレートを追加装着します。



日産 リコール情報
http://www.nissan.co.jp/RECALL/DATA/report2907.html もし参考になったらシェアしてくれると嬉しいです!SNS




当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)
ツイッター、でも、更新履歴を流してます。


 Tags                日産     クリッパー     オッティ
[ 2012/03/11 17:27 ] リコール | TB(0) | CM(0) [編集]

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://keijidousya.com/tb.php/1669-fd7aadb7



軽自動車ニュース&ブログ